Candy Moon~生まれてきてくれてありがとう☆誕生学

いのちの話、誕生学を埼玉県川越市を中心にお届けしている久保木裕子の 思いを綴ったブログです。

捨てない断捨離 実行中!

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと、久保木裕子です。

5月なのに、真夏のような暑さ。
でも、朝夕は風が冷たくて・・・。
地球が悲鳴を挙げているとしか思えないですね。

この春、思い切って断捨離することにしました。
目指すは「捨てない★断捨離」
地球環境と、エコを目指して、捨てないで離すことができる方法を一生懸命考えて実行しています。
08midorinohi.jpg 
ちょっとそのやり方をご紹介しちゃいます。

STEP1
家にある、とにかく不要品をリサイクルショップへ持っていく。
ビンゴでもらった景品、結婚式の引き出物、フラワーアレンジメントのカゴ
などなど、引き取ってもらえないかも・・・と思うものまで持って行くこと2回。
なんと! 7,000円になりました。

STEP2
「思いのある品は欲しい人にもらってもらう」
まず分類したものは、「思い出のある品」
知り合いに使って欲しいというエゴは捨て、本当に欲しい人にもらってもらうため
ネットオークションにだしました。
こちらは、もっと高く売りたかった・・・という欲もありましたが
「以前から欲しかった物。こんなきれいな状態で届いてびっくり、大切にします!」と
落札者の方からお礼メールをいただいたりすると、ああ、望んでくれる方へ届けられてよかった・・・と心から思ったのです。
オークションでなんと! 15,900円(送料別)
たぶんリサイクルショップへ持っていっても数百円だったと思います。

STEP3
これらのお金を軍資金にして「物を寄付する」送料に使います。
調べれば調べるほど、奥が深く、どの団体に、何を送るかとても迷います。
無駄にならないように、現在もまだ仕訳中です。
◆「WE21」http://www.we21japan.org/ 
神奈川にある団体。自分が買いたい!買ってもいい、と思うくらい「いいもの」を送ります。
リサイクルショップとして現金化して、活動に充てるからです。
◆「日本救済衣料センター」http://www.jrcc.or.jp/
まだ着れるけど・・・という服だけを送ります。全国のショッピングセンター等で出張衣料収集会場を設けていたりもするので、持ち込むと送料不要。
基本セパレートのカジュアルなもの。ベビー服はだめで80センチ以上の子供服なら可。
◆「わかちあいプロジェクト」http://www.wakachiai.com/
難民古着支援もしているフェアトレード団体。古着の受入は年に何回か決まっていて、
ちょうど6月1日~10日。送料のほか1箱1500円の寄付が必要です。

楽器を送りたい、ぬいぐるみも捨てられない、毛布やシーツは?などなど調べると面白いです。
こちらのサイトもご参考にしています。
http://auction.rakuten.co.jp/event/donation/delivery/

古本もただ古本屋へ売るだけじゃなく、有効活用の方法がいっぱい!
これから研究したいと思います。










未分類 | Comments (0) | Trackbacks (-)

自転車族ママへ

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

長かったGW、お仕事だったGW、みなさんいかがお過ごしでしたか?
熊本での地震で、つらい思いをされている方々に心を寄せながらお過ごしになった方も多いのではないでしょうか。

GW中に赤ちゃんをおんぶして自転車に乗っていたママが、車に接触し転倒。
赤ちゃんが頭を強く打って亡くなるという事故がありました。

私も我が子とのおでかけはいつも自転車、という自転車族でした。
だから、他人事とは思えない事故です。

当時に比べると、自転車が子ども乗せ専用車ができているし、
子ども用ヘルメットを付けている子どもも増えたし、
安全に気を付けたり、配慮されている自転車も増えたな、と思っています。

でも、やっぱりちょっとした油断が、事故を招くのですね!

警視庁によると都内では「東京都道路交通規則」で、
16歳以上の人が、6歳未満の幼児1人をおんぶひもなどで背負って自転車に乗ることができる
とされており、子どもをおんぶひもで背負って自転車に乗ることが認められているそうです。

一方、ひもなどを使って子どもを体の前に抱いて自転車に乗ることは認められていないということです。

今街中で見かけるママ達は、前抱っこの方がほとんどです。
実際、前抱っこで自転車に乗っているママ達も多く見かけます。

認められてるから、いいとか、
認められているから、安全とか、
そういうことではなく、
いのちを守ることを優先に考える力をママ達が身に付ける必要があるなぁと感じました。

楽なことや、便利なことが優先になり
「安全」という考え方が後回しになることがありますよね。

自転車はエコだし、
自然を感じることができるし、
親子で同じものを見る(共視)ことのできる乗り物。

ママの安全意識が一緒に乗っている我が子に伝わる乗り物だと思います。

s-IMG_0814.jpg
自転車族のママ。
安全に、我が子との自転車ライフを楽しみましょうね!





私も1年生!?

誕生学アドバイザー Cooちゃんこと 久保木裕子です。

あっという間に4月。
入園・入学・進級と忙しい日々を過ごされた方も多いのではないでしょうか。

実は、私も1年生・・・スマホデビューしたのです。

10年以上お世話になったauを卒業。
携帯のアドレスが変わってしまうことは、本当に悩みました。
悩みに悩んだ結果、お別れをすることにしたのです。
貯まったポイント30000点は、愛する主人にプレゼント。
(主人はまだガラケーでして・・・)

手にしたスマホはこれ↓
s-p6940019.jpg

メールの文章を打つだけでも苦労しておりますぅ。
早く入力できるようになる練習アプリとかあるのかしら?
1日の早く慣れて、
「このブログもスマホからアップしました!」っていう日を夢みています。

新年度もどうぞよろしくお願いいたします。

家族に会いたくなった・・・

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

川越の街は、今朝起きると屋根にうっすら雪が・・・。
三寒四温・・・春が待ち遠しい季節です。

さて、昨日伺った中学校で、とてもうれしいことがありました。

今年は、担当の先生も校長先生も代わられたのですが、
今年も呼んでいただけたことに、まずは感謝です。

講演が終わった後、校長先生が
「いや~、ボクもたくさんの講演を聞いているけど、
3本の指に入ります
とっても、よかった!」

と、すごく褒めてくださったのです。

もちろんそれはすごーーーくうれしかったです。

でも、もっとうれしかったのは、

「今すぐ家族に会いたくなったよ。
子どもを3人産んでくれた妻に、感謝したい。
デートに誘おうかな」

「今度の休みに釣りに行こうと思ったけど、
今日の誕生学を聞いて、それじゃないな、と思った。
遠方に住んでいるおふくろにに会いに行くことにしよう!
おふくろに会いたくなったよ」

どんなお褒めの言葉より、
そう感じてくださったことが本当にうれしかったのです。

誕生学はプログラムがきちんと管理されています。
もちろん、伝える側の気持ちや姿勢を整えなくてはならないのですが、
そのプログラムのおかげで、
聴いてくださったどんな年代の方にも、何かが響くようです。

素敵な出会いを下さったすべての方々に感謝です。

県立高校入試1週間前、頑張れ受験生!!
れんけい寺の桜

母と娘のための月経教室

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

2月11日・・・東日本大震災でなくなった方々の月命日の日。
そんな、いのちの日に「母と娘のための月経教室」を開催しました。

主催してくださったのは、「生活クラブ」で活動をされてる
4人のお子さんのママ Yさん。
長女さんがちょうど新4年生になるということで、
企画をしてくださいました。

新4年生~新中学1年生までの女の子9名に
ちょっと質問してみました。

もし、自分がママになるとしたら何歳くらいがいい?

15歳・・・さすがにいませんでした。
20歳・・・え~(照れてる)
25歳・・・まだ早いかなぁ
30歳・・・うーん、そろそろ・・・

ほとんどの女の子は30歳を過ぎてがいい!という答え

理由は定かではありませんが、
なんとなくの「感覚」が30歳、なのでしょう。
ちょっとびっくりしたのは、ママたちだったようでした。

主催の生活クラブの方から、ポリマーを使わないナプキンのお土産が。
布ナプキンもおすすめですが、
せめて、コットンでできていて、ポリマーを使わないナプキンを・・・という
Yさんの思い。

最後に女の子が
月経になることが怖いなと思っていたけど、ちょっと楽しみになりました
と素敵な感想をくれました。
CIMG1767.jpg



2016年が・・・

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

2016年も、1ヶ月が過ぎようとしています。
ブログにも書きたいことがたくさんあったのですが、
書こう、書こう・・・と思っていると月日が経ってしまいます。

ダメですね~~。

さてさて、今日は素敵な本をご紹介させていただきます。

八束澄子 『いのちのパレード』 (講談社) 



中学生の万里。同じ部活の同級生の妊娠・転校という衝撃的なストーリーから始まります。
そのことを通して、万里の思い、行動。まわりの友人、大人達・・・。
様々な人々の生き方、考え方を通して、いのちのことを考えるきっかけになるお話しです。

今日、この本を紹介してくれた方のブックトークがあります。
残念ながら参加できないのですが、いつかまた、彼女のブックトークを聞きたい!
そう願って、皆さんにおすそ分け・・・。

今年もたくさんの素敵な本に出会えますように。

日々の思い | Comments (0) | Trackbacks (-)

2015年のMY漢字は・・・

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

毎年、年末になると1年の振返りをします。
そして、1年を表す漢字を考えるのが、ここ数年の楽しみになっています。

2015年のMY漢字は・・・



「形」という漢字と迷いましたが、「型」の方に落ち着きました。

たくさんの人に出会わせていただき、
たくさんの人からたくさんの学びをいただける日々。
年齢も様々で、100歳を超える方から生まれたての赤ちゃんまで、
今年であった人はいったい何人いるのでしょう・・・。
それを数えることはできませんが、
1人1人に人生がある、一家族、一家族にそれぞれの思いがある・・・。
「かたち」があるんですね。

ほんの少しですが、一緒に時間(とき)をすごし、話をする。
笑い、うなずき、時には、涙しながら・・・。

1人1人違う、その違いが素敵!
その違いに触れたとき、心が揺さぶられる自分がいる。

そういう私は
人生の折り返し地点を迎えた1年でした。
「久保木裕子」という一人の人間がどういう人間か・・・
最近、ようやく、かたちのような、
輪郭とでもいうようなものが、できてきたような気がします。

自分の自信がなくて、
これでいいのかなぁ・・・と不安になることも多い私。
でも、それも含めて「私」でいいっかって、
この歳でようやく思えるようになりました。

織田信長が出陣の際、舞ったといわれる「敦盛」の一節
「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」

小学校6年生の時、この言葉を知ってから、
なんとなく気になっていた言葉。
一瞬の先に見える、物をまた探していきたい・・・と思います。

みなさんの今年1年を表す文字はなんですか?


未来が支えられたら素敵なこと!

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと、久保木裕子です。

今年で6年目となった「いのちの講座」
5月1日に今年最初の学校に伺い、
11月27日に最後の学校が終わり、
無事川越市内20校へ伺うことができました。

私が関わっている「NPO法人川越子育てネットワーク」が
川越市から委託を受け、
子育て体験学習(赤ちゃん交流&妊婦体験)と誕生学をセットにして
キャラバンを組んで実施している事業です。

届けた生徒数を合計してみると・・・
2293名

でも、実は川越から異動した先生が赴任先の学校でも・・・と
予算を確保し、授業時間を確保してくださり、川越市内から出張遠征もいたしました。

それを加えると・・・
2485名

中学生を応援したい!と学校へ行ってくれた
赤ちゃんは のべ240名

s-IMG_0377.jpg


中学生に誕生学を届けてくれた仲間の講師は
14名

いのちの講座をサポートしてくれたスタッフは
のべ121名

たくさんの人たちが関わってくださりこの講座が成り立っているのです。
その全員の願いは一つ

中学生の未来を支えたい!

来年もまた、
仲間たちと一緒に、
新しい命と一緒に、
「いのちの講座」が届けられますように。

15年後、この赤ちゃんが中学生になるまで続けるぞ~
・・・私は何歳?・・・・(^-^)/
・・・未来のいのちのために、少しでもお役にたてていたらうれしいな。
s-IMG_1732.jpg

たくさんのこの事業に関わってくださった方々へ感謝です。

※今年度の事業について詳しく知りたい方は
NPO法人川越子育てネットワークへお問い合わせください。
なお、市からの委託事業であるため、来年度実施できるかどうかは未定です。





今年も会えました

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと、久保木裕子です。

12月5日(土)、昨年に引き続き小学校5年生の子ども達に
「いのちのはなし」を届けることができました。
5年目になります。

帰りの廊下で・・・
「握手してください!感動しました。また聞きたいです」
と二人の女の子が私を廊下で見つけて駆け寄ってきてくれました。

小さな手、でもしっかりと生きている手。

今日ここに生きていること、それだけで素敵なこと。
明日も、明後日も、未来にいのちがつながりますように。
この手で未来を掴み取るのですね。

今年もまた、花壇の水仙が私を迎えてくれました。
「今年はあまり花芽がついていないんですよ」
そうおっしゃる先生・・・
でも、こんなにたくさん。

本当にありがとうございました。
s-CIMG1758.jpg

ちいちゃんのかげおくり

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと久保木裕子です。

11月10日、川越市内の小学校のPTA家庭教育学級でお話しをさせていただきました。

地元に近い小学校ということもあり、
知っているママのお顔もチラホラ・・・。
赤ちゃんの時から知っている女の子がもう5年生。
育児サークルを一緒にやっていたママがお茶の先生をされている?!
ああ、歳月が流れているのですね。
ママも子も成長しています

雑談しながら、過ごしていたところ
壁に目を移すと
そこに
あまんきみこさんの「ちいちゃんのかげおくり」の学習成果が貼ってありました。
s-CIMG1752.jpg

ご存じですよね。教科書で習った・・・


今日はちいちゃんと一緒に誕生学を届けられるんだわ!
幸せな気持ちになりました。

チームワーク良く、この場を作ってくださった役員の皆様、本当にありがとうございます。
「地域を作っていきます!」とたんぽぽ宣言してくださったママ達。

「上の子の女子高でもお願いします!」と言ってくださったママも多くいらっしゃいました。
実は、誕生学協会では、未来にいのちをつなぐ可能性のある女の子たちへ
「ガールズエンパワメント」プロジェクトを開始!
ぜひぜひ、女子に伝えていきたいと思っています。
お問い合わせください。

s-SH380820.jpg



カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム