Candy Moon~生まれてきてくれてありがとう☆誕生学

いのちの話、誕生学を埼玉県川越市を中心にお届けしている久保木裕子の 思いを綴ったブログです。
TOP感じるままを ≫ 自転車族ママへ

自転車族ママへ

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

長かったGW、お仕事だったGW、みなさんいかがお過ごしでしたか?
熊本での地震で、つらい思いをされている方々に心を寄せながらお過ごしになった方も多いのではないでしょうか。

GW中に赤ちゃんをおんぶして自転車に乗っていたママが、車に接触し転倒。
赤ちゃんが頭を強く打って亡くなるという事故がありました。

私も我が子とのおでかけはいつも自転車、という自転車族でした。
だから、他人事とは思えない事故です。

当時に比べると、自転車が子ども乗せ専用車ができているし、
子ども用ヘルメットを付けている子どもも増えたし、
安全に気を付けたり、配慮されている自転車も増えたな、と思っています。

でも、やっぱりちょっとした油断が、事故を招くのですね!

警視庁によると都内では「東京都道路交通規則」で、
16歳以上の人が、6歳未満の幼児1人をおんぶひもなどで背負って自転車に乗ることができる
とされており、子どもをおんぶひもで背負って自転車に乗ることが認められているそうです。

一方、ひもなどを使って子どもを体の前に抱いて自転車に乗ることは認められていないということです。

今街中で見かけるママ達は、前抱っこの方がほとんどです。
実際、前抱っこで自転車に乗っているママ達も多く見かけます。

認められてるから、いいとか、
認められているから、安全とか、
そういうことではなく、
いのちを守ることを優先に考える力をママ達が身に付ける必要があるなぁと感じました。

楽なことや、便利なことが優先になり
「安全」という考え方が後回しになることがありますよね。

自転車はエコだし、
自然を感じることができるし、
親子で同じものを見る(共視)ことのできる乗り物。

ママの安全意識が一緒に乗っている我が子に伝わる乗り物だと思います。

s-IMG_0814.jpg
自転車族のママ。
安全に、我が子との自転車ライフを楽しみましょうね!





Comment













非公開コメントにする
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム