Candy Moon~生まれてきてくれてありがとう☆誕生学

いのちの話、誕生学を埼玉県川越市を中心にお届けしている久保木裕子の 思いを綴ったブログです。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年10月
ARCHIVE ≫ 2014年10月
      

≪ 前月 |  2014年10月  | 翌月 ≫

だっことおんぶを語る会

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

最近のママ達のおんぶ事情、だっこ事情について、情報交流しようという
「だっことおんぶを語る会」に参加しました。

ママ達に人気のだっこ紐はどれ?、なぜ人気?
おんぶをしなくなった、できなくなった、最近のママ達。なぜ?
世界のおんぶ事情はどうなの?

いままでなにげなく、スルーしていただっこ事情、おんぶ事情。

赤ちゃんのだっこの基本は4つ。
1.M字の足
2.Cカーブの背中
3.密着
4.ママのおへその上に赤ちゃんのお尻がくる

さて、あなたの抱っこはどうですか~?

海外メーカーの製品は、海外の大きなママの体が基本に設計されているので、
どう頑張っても、おへその上に赤ちゃんがこない!
あら、ほんとう。163センチの私でも、ギリギリかな。

肩越しにママのやっていることが見えるおんぶ。
ママと同じものを見て、ママと同じものを感じられる。
ただおんぶしているだけで、実は、躾けができていた!?

みんなと一緒が安心・・・
でも
みんなと一緒=安全でない。

自分の感覚を信じ、自分のセンスを養っていく・・・
何を選ぶかが、既に、自分の育児センスや感覚を形成しているのかも。

愛着形成にも大切な「だっこ&おんぶ」
素敵な親子関係をつくるお手伝いができたらいいな・・・。

とっても勉強になったマニアックな会でした。
(みんな、だっこ&おんぶが大好き!熱かった~!)

会話のある家庭

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと、久保木裕子です。

小学校での保護者向けにお話しをさせていただく機会をいただきました。

先日、その学校の校区の中学校で誕生学をお話しさせていただいたばかり。
終った後、一人のママが、
「もしかして、中学校でもお話しくださったのですか?」と。

聞けば、
中学3年生のお兄ちゃんが学校から帰るなり
「赤ちゃんは生まれるとき、自分で回るんだよ」
「生まれようといっぱい努力して生まれてくるんだよ」
と、半ば興奮気味に話してくれて
「僕はどうだった?」
と聞かれたとおっしゃるのです。

そのママは
「頭が大きな子で、なかなか頭が出なくて、お医者さんに回るのも手伝ってもらって
一生懸命みんなで頭を出してもらったんだよ~」などと
生まれてきたときのこと、その時の気持ちをお話しされたそうです。

学校であったことを話せる家庭。
中学3年生というなかなか難しい年頃で、会話がある親子関係。

なんて素敵なんでしょう。
私まで心が温かくなりました。

s-CIMG1349.jpg

「生まれてきた力」を知ることは生きる力に変わる。
だって、生きるために生まれてきたのですから・・・




むぎゅってしたい!

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと、久保木裕子です。

何度か誕生学を聞いてくれたことのあるママが、講演の後お声をかけてくださいました。
s-CIMG1347.jpg

「ずっと、講演中、子どものことが頭から離れなかったんです。
今まで、こんなにあの子を思いながら聞いたことがなかったのに、どうしてかしら・・・。
早く学校から帰ってきてくれないかな。
むぎゅってしてあげたくて仕方ないんです。」

高学年になり、自分から少し離れていくような気がしていたのかな
私が仕事を始めて、何か私自身がさびしいのかな

ママなりに、今日の感覚の不思議の原因を考えていらっしゃいました。

むぎゅってしてほしいとき、
むぎゅってしたいとき、
その思いに素直に
「むぎゅ」ってできる・・・
・・・なんて幸せなんでしょう。

学校から帰った子ども達が
何人「むぎゅ」してもらったかな・・・
一人でも多くいたらうれしいな。

むぎゅってしたい気持ちに、
多分
原因なんてないんですよね。

大好き!大切・・・愛おしい・・・
溢れる気持ちを伝えるだけですね。
s-CIMG1345.jpg


行ってきました!そらぷちフェスティバル2014

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと、久保木裕子です。

10月12日、北海道滝川市にある「そらぷちキッズキャンプ」のフェスティバル2014へ行ってきました。

「病気と闘う子ども達に夢のキャンプ場を!」と2004年から活動をはじめ、
10周年を迎えた今、宿泊棟、医療棟、食道棟、キャンプ場・・・
少しづつ施設が整い、思いが形になっています。

アメリカに米国に本拠をおく、難病の子ども達とその家族の為の、国際的キャンプ団体シリアスファン・チルドレンズネットワーク(略称シリアスファン)があります。
俳優、故ポール・ニューマン氏が米国に創設した世界的なネットワークであり、そらぷちキッズキャンプはその第16番目の、アジア(中東を除く)では最初の公認キャンプ場です。

日本で代表をされている細谷亮太先生(聖路加国際病院 特別顧問)と一緒に働き、
先生より一足早く病院を辞め、キャンプ場でナースをするため滝川に移り住んだMさんと久しぶりの再会!
彼女のこのキャンプ場への思いを聞きながら日頃見れない施設の中を案内していただきました。

s-CIMG1337.jpg
見晴しの丘から見た施設の全容。「ほっかいどうは、でっかいど~」

s-CIMG1330.jpg
子ども達が作ったピザ窯の前でMさんと

s-CIMG1340.jpg
医療棟の保健室へ

s-CIMG1321.jpg
旭川動物園とつながりの深い「あべひろし」さんの絵が。

s-CIMG1323.jpg
点滴棒だって、キュートです。

s-CIMG1322.jpg
保健室のベットも暖かい木製。ここは病院ではありません。
タペストリーは「映画「大丈夫。」川越上映実行委員会」の有志で寄贈したもの。
ちゃんと子ども達の傍でお役に立っていた・・・うれしくて、うれしくて涙が出ました。

s-CIMG1325.jpg
トイレの案内をするそらぷちドール「そらくん」。便器とう○ちくんは子ども達が作りました。

s-CIMG1329.jpg
宿泊棟のリビング。具合が悪い子もみんなと一緒にいられるような感覚になる大きな窓。

s-CIMG1339.jpg
広場ではたくさんの人たちが応援に駆け付けてくれていました。

s-CIMG1332.jpg
私の今回の目的!「ちいちゃん桜」北海道の空に向かって一生懸命生きていました。
来年こそは、春に見に来きたいな。

ここは難病の子ども達の夢の国・・・
子ども達が生きていることを実感し、生きていることを幸せだと思えるように
たった数日の滞在のため、何倍もの時間と何倍もの歳月をかけて準備をする。
たくさんのボランティアさんの力が必要だとおっしゃっていました。

参加費、宿泊費は取らない、というのは、シリアスファンの規定なのだとか。
すべて寄付で運営するというのが基本。
アメリカ的な発想ですよね。

私のできること、それはこのようなキャンプ場があるということを皆さんに知ってもらうこと。
そして、ちょっとでも賛同してくださったら、寄付をお願いすること。

ドラッグストアのレジ前に「そらぷちキッズキャンプ」の募金箱があるお店があります。
目に留まったら、おつりをぜひ募金していただけるとうれしいです。

詳しくは、
そらぷちキッズキャンプを見てみてください。








日々の思い | Comments (0) | Trackbacks (-)

14番目の月

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

今日は「14番目の月」。
1976年ユーミン(松任谷由美)の4枚目のアルバムのタイトル。
同じ名前の曲がA面の2番目に入っています。

「次の夜から欠ける満月より 14番目の月が好き」

「愛の告白をしたら最後 そのとたん終わりが見える」

今日は14番目の月。

14番目の月は、あともう少しね・・・と声をかけたくなります。
15番目の月は、すごく素敵・・・と声をかけたくなります。
16番目の月は、見えないところも感じるよ・・・と声をかけたくなります。

やっぱり、月はいいな~と思います。

明日、満月の日、素敵な誕生学を届けることができますように。



10/5(日)ままここ市@蔵里

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

NPO法人川越子育てネットワークが
昨日記事の中でご紹介した「岩室紳也」先生をお招きして
講演会を開いたときのブックレットを作成しています。

「パパっと育児~おちんちん編~」
会場内のママやパパからの質問に丁寧に答えていただいたQ&A集なのですが、
実に様々な内容にお答えいただいており、とってもわかりやすいのです。
s-図2

男の子のことだけではなく、女の子のママからの質問にも答えてくださっています。

このレア本が
10月5日(日) に行われる
ベビー&キッズマルシェ「ままここ市」で販売されます。

10月5日(日)10時~16時 
小江戸蔵里 http://www.machikawa.co.jp/

私も川越子育てネットワークのスタッフとして
読み聞かせなどもさせていただきます。
日曜日、ご家族でぜひ遊びに来てください。

※写真に写っている「うさこ」もお出迎えしています。
 岩手の山田町の仮設住宅の方が作ってくれた「おぞうきん」です。
 ぜひ、こちらにもご支援くださいね!


カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム