Candy Moon~生まれてきてくれてありがとう☆誕生学

いのちの話、誕生学を埼玉県川越市を中心にお届けしている久保木裕子の 思いを綴ったブログです。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 感じるままを
CATEGORY ≫ 感じるままを
       次ページ ≫

2017 夏の思い出

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

子ども達の夏休みもあっという間にあと数日。
宿題に追われていたりするのでしょうね(^∇^)

今年の夏は、お仕事を全面お休みにして7月末~8月上旬まで実家(岡山)へ帰省しました。
独り暮らしとなった母のことが気になっていましたが、思ったより元気で安心しました。
主人の方のお墓参りは2か所。私の方のお墓参りが2か所。
山の上の広~~いお墓は、お掃除が大変。
草と蚊と虫との戦いです。
でも帰省したときしか寄れないので、お墓参りは欠かせないですね。
(…なので、私達夫婦の一番大切な人は手元供養にしています)

久しぶりにのんびりと、そして自然の中で過ごせた夏。
今週からまた、頑張ってお仕事しま~~す。
お仕事スイッチON!!
s-P_20170813_161515.jpg

 s-P_20170813_163705.jpg



自転車族ママへ

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

長かったGW、お仕事だったGW、みなさんいかがお過ごしでしたか?
熊本での地震で、つらい思いをされている方々に心を寄せながらお過ごしになった方も多いのではないでしょうか。

GW中に赤ちゃんをおんぶして自転車に乗っていたママが、車に接触し転倒。
赤ちゃんが頭を強く打って亡くなるという事故がありました。

私も我が子とのおでかけはいつも自転車、という自転車族でした。
だから、他人事とは思えない事故です。

当時に比べると、自転車が子ども乗せ専用車ができているし、
子ども用ヘルメットを付けている子どもも増えたし、
安全に気を付けたり、配慮されている自転車も増えたな、と思っています。

でも、やっぱりちょっとした油断が、事故を招くのですね!

警視庁によると都内では「東京都道路交通規則」で、
16歳以上の人が、6歳未満の幼児1人をおんぶひもなどで背負って自転車に乗ることができる
とされており、子どもをおんぶひもで背負って自転車に乗ることが認められているそうです。

一方、ひもなどを使って子どもを体の前に抱いて自転車に乗ることは認められていないということです。

今街中で見かけるママ達は、前抱っこの方がほとんどです。
実際、前抱っこで自転車に乗っているママ達も多く見かけます。

認められてるから、いいとか、
認められているから、安全とか、
そういうことではなく、
いのちを守ることを優先に考える力をママ達が身に付ける必要があるなぁと感じました。

楽なことや、便利なことが優先になり
「安全」という考え方が後回しになることがありますよね。

自転車はエコだし、
自然を感じることができるし、
親子で同じものを見る(共視)ことのできる乗り物。

ママの安全意識が一緒に乗っている我が子に伝わる乗り物だと思います。

s-IMG_0814.jpg
自転車族のママ。
安全に、我が子との自転車ライフを楽しみましょうね!





私も1年生!?

誕生学アドバイザー Cooちゃんこと 久保木裕子です。

あっという間に4月。
入園・入学・進級と忙しい日々を過ごされた方も多いのではないでしょうか。

実は、私も1年生・・・スマホデビューしたのです。

10年以上お世話になったauを卒業。
携帯のアドレスが変わってしまうことは、本当に悩みました。
悩みに悩んだ結果、お別れをすることにしたのです。
貯まったポイント30000点は、愛する主人にプレゼント。
(主人はまだガラケーでして・・・)

手にしたスマホはこれ↓
s-p6940019.jpg

メールの文章を打つだけでも苦労しておりますぅ。
早く入力できるようになる練習アプリとかあるのかしら?
1日の早く慣れて、
「このブログもスマホからアップしました!」っていう日を夢みています。

新年度もどうぞよろしくお願いいたします。

2015年のMY漢字は・・・

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

毎年、年末になると1年の振返りをします。
そして、1年を表す漢字を考えるのが、ここ数年の楽しみになっています。

2015年のMY漢字は・・・



「形」という漢字と迷いましたが、「型」の方に落ち着きました。

たくさんの人に出会わせていただき、
たくさんの人からたくさんの学びをいただける日々。
年齢も様々で、100歳を超える方から生まれたての赤ちゃんまで、
今年であった人はいったい何人いるのでしょう・・・。
それを数えることはできませんが、
1人1人に人生がある、一家族、一家族にそれぞれの思いがある・・・。
「かたち」があるんですね。

ほんの少しですが、一緒に時間(とき)をすごし、話をする。
笑い、うなずき、時には、涙しながら・・・。

1人1人違う、その違いが素敵!
その違いに触れたとき、心が揺さぶられる自分がいる。

そういう私は
人生の折り返し地点を迎えた1年でした。
「久保木裕子」という一人の人間がどういう人間か・・・
最近、ようやく、かたちのような、
輪郭とでもいうようなものが、できてきたような気がします。

自分の自信がなくて、
これでいいのかなぁ・・・と不安になることも多い私。
でも、それも含めて「私」でいいっかって、
この歳でようやく思えるようになりました。

織田信長が出陣の際、舞ったといわれる「敦盛」の一節
「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」

小学校6年生の時、この言葉を知ってから、
なんとなく気になっていた言葉。
一瞬の先に見える、物をまた探していきたい・・・と思います。

みなさんの今年1年を表す文字はなんですか?


男の子ママからのリクエスト

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと、久保木裕子です。

新学期になり、保護者の皆さんに誕生学をお伝えする機会がありました。

講座の中で「質問がありますか?」と司会の方が声をかけてくださるのですが、
その場ではなかなか質問が出てきません。

講座が終わって、椅子を片づける頃になると、個人的に…と言って
来てくださる保護者の方がとても多いのです。

今回は男の子のママが数名一緒に来てくださって
「おすすめ本を紹介してほしい」と言ってくださいました。

10歳のお誕生日がもうすぐだ!というので
北村邦夫先生のご本を紹介させていただきました。



この本はシリーズになっていて、「女の子の心とからだ」という本もあります。

本来は書店で見たり、図書館で見ていただき、
内容や表現が、ご家庭の価値感に合うかどうかを確認していただいて、購入してほしいと思っています。
保護者の方が我が子を思いながら選ぶ本が一番心に響くと思うからです。

とは言っても、選ぶ基準がわからない・・・というのもあると思います。
ひとつの、参考になればうれしいです。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム