Candy Moon~生まれてきてくれてありがとう☆誕生学

いのちの話、誕生学を埼玉県川越市を中心にお届けしている久保木裕子の 思いを綴ったブログです。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 感じるままを
CATEGORY ≫ 感じるままを
       次ページ ≫

日野原重明先生の追悼の集いに参加して

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

1月18日、上智大学のグリーフケア研究所の主宰で行われた
追悼の集いに出席しました。

上智大学の聖歌隊の皆さんと聖歌を歌っただけで心が洗われる思いでした。
細谷亮太先生の追悼講演のお話ではこんなお話しも。

内科医として成人を看てきた先生が、小児に目を向けてくれたのは晩年になってからだったそうで
小児医療の現場を歩んでこられた細谷先生とはぶつかることも多かったそうです。
でも、細谷先生も日野原先生も「病気を治す」ということは医療処置をすることだと
考えておられなかったことがお話しの随所で感じられました。

日野原先生がアメリカの医師ウィリアム・オスラ―氏をとても尊敬されていたことも知りました。

ググってみると、オスラ―氏の名言がたくさん出てきました。
医療者にも、そうでない人にも、高齢者にも、若者にも、心に響く言葉を残してくれている方でした。
ご興味のある方はぜひ読んでみてください。



1/18 日野原重明先生 追悼の集い

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

もう、明日になっちゃったのですが・・・。
1月18日(木)上智大学のキャンパスで
日野原重明先生の追悼の集いが行われます。

聖路加国際病院の名誉院長で、
上智大学のグリーフケア研究所の名誉所長でもあった先生。

聖路加国際病院でご一緒にお仕事をされていた
小児科医の細谷亮太先生がお話しをしてくださいます。

私は晩年の日野原先生しか知りませんし、
その先生が礎を築かれた聖路加国際病院で、
いのちと向き合う子ども達に寄り添ってくださった日野原先生のこと
今では著書の中でしか、知ることができなくなりました。

1人でも多くの方に日野原先生のこと
偲んでいただきたいなと思っています。
ギリギリですが、もしお時間合えば・・・ぜひ。
詳しくはこちらから・・・

2017 夏の思い出

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

子ども達の夏休みもあっという間にあと数日。
宿題に追われていたりするのでしょうね(^∇^)

今年の夏は、お仕事を全面お休みにして7月末~8月上旬まで実家(岡山)へ帰省しました。
独り暮らしとなった母のことが気になっていましたが、思ったより元気で安心しました。
主人の方のお墓参りは2か所。私の方のお墓参りが2か所。
山の上の広~~いお墓は、お掃除が大変。
草と蚊と虫との戦いです。
でも帰省したときしか寄れないので、お墓参りは欠かせないですね。
(…なので、私達夫婦の一番大切な人は手元供養にしています)

久しぶりにのんびりと、そして自然の中で過ごせた夏。
今週からまた、頑張ってお仕事しま~~す。
お仕事スイッチON!!
s-P_20170813_161515.jpg

 s-P_20170813_163705.jpg



自転車族ママへ

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

長かったGW、お仕事だったGW、みなさんいかがお過ごしでしたか?
熊本での地震で、つらい思いをされている方々に心を寄せながらお過ごしになった方も多いのではないでしょうか。

GW中に赤ちゃんをおんぶして自転車に乗っていたママが、車に接触し転倒。
赤ちゃんが頭を強く打って亡くなるという事故がありました。

私も我が子とのおでかけはいつも自転車、という自転車族でした。
だから、他人事とは思えない事故です。

当時に比べると、自転車が子ども乗せ専用車ができているし、
子ども用ヘルメットを付けている子どもも増えたし、
安全に気を付けたり、配慮されている自転車も増えたな、と思っています。

でも、やっぱりちょっとした油断が、事故を招くのですね!

警視庁によると都内では「東京都道路交通規則」で、
16歳以上の人が、6歳未満の幼児1人をおんぶひもなどで背負って自転車に乗ることができる
とされており、子どもをおんぶひもで背負って自転車に乗ることが認められているそうです。

一方、ひもなどを使って子どもを体の前に抱いて自転車に乗ることは認められていないということです。

今街中で見かけるママ達は、前抱っこの方がほとんどです。
実際、前抱っこで自転車に乗っているママ達も多く見かけます。

認められてるから、いいとか、
認められているから、安全とか、
そういうことではなく、
いのちを守ることを優先に考える力をママ達が身に付ける必要があるなぁと感じました。

楽なことや、便利なことが優先になり
「安全」という考え方が後回しになることがありますよね。

自転車はエコだし、
自然を感じることができるし、
親子で同じものを見る(共視)ことのできる乗り物。

ママの安全意識が一緒に乗っている我が子に伝わる乗り物だと思います。

s-IMG_0814.jpg
自転車族のママ。
安全に、我が子との自転車ライフを楽しみましょうね!





私も1年生!?

誕生学アドバイザー Cooちゃんこと 久保木裕子です。

あっという間に4月。
入園・入学・進級と忙しい日々を過ごされた方も多いのではないでしょうか。

実は、私も1年生・・・スマホデビューしたのです。

10年以上お世話になったauを卒業。
携帯のアドレスが変わってしまうことは、本当に悩みました。
悩みに悩んだ結果、お別れをすることにしたのです。
貯まったポイント30000点は、愛する主人にプレゼント。
(主人はまだガラケーでして・・・)

手にしたスマホはこれ↓
s-p6940019.jpg

メールの文章を打つだけでも苦労しておりますぅ。
早く入力できるようになる練習アプリとかあるのかしら?
1日の早く慣れて、
「このブログもスマホからアップしました!」っていう日を夢みています。

新年度もどうぞよろしくお願いいたします。