Candy Moon~生まれてきてくれてありがとう☆誕生学

いのちの話、誕生学を埼玉県川越市を中心にお届けしている久保木裕子の 思いを綴ったブログです。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 活動報告~産後教室
CATEGORY ≫ 活動報告~産後教室
      

本当の愛情は肌から・・・

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

暑い夏も9月になり、少し落ち着いてきて・・・
あっという間に陽が落ちるのも早くなり・・・
台風の発生が気になる季節になりました。

夏の終わりから始まった4回連続講座の
「ペアレンティング・タッチ」講座が先日終わりました。

今年は初回と最終回にパパに来ていただくことにしたので、
ちょっとハードルが高かったのか参加者はちょっと少なめでした。
でも、ゆっくりと、お話しができたし、
ベビーマッサージの時間も、その後のワークの時間も
たっぷりと取ることができました。

ママ達は、おうちでベビマをやってくれるので、
この4回の間に「手」ができてきます。
ぎこちなかった動きが、スムーズになり、
しっかりとホールドできているようになるのです。
ママの手が自信を持っている!

4回目で初めてパパがベビマに挑戦。
まだまだぎこちないけれど、パパの手は大きくて、あったかい・・・。
ママとの違いを肌で感じていることでしょう。

どの赤ちゃんも、超ごきげん

たっぷりと、向き合えるのは人生3万日として、たった3000日くらいかな・・・?
愛情をたっぷりと肌から感じてもらって、豊かな3000日を過ごさせてあげてくださいね!

s-P_20160904_112724.jpg



ペアレンティング・タッチ講座

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと、久保木裕子です。

今年も川越の公民館主催で「ペアレンティング・タッチ講座」を開催することができました。
埼玉知事選がいつになるか・・・という時期に講座の日程を決めたので、
パパ参加をしてもらう日曜日が選挙の日に重ならないように・・・と
今年度は7月中の3回の開催でした。

集まってくださったのは2ヶ月~8ヶ月までのベビーとママ&パパ。

初回はパパからの「ベビータッチング」
公民館デビューのパパも多く、ちょっと緊張していたけれど、
とってもうれしそうに、我が子にタッチングするパパ。

う~ん、とっても素敵

2回目はママとベビーのタッチング。
そして、バースレビューのシェアをしました。

もう、涙、涙

うれしいことも、ちょっと辛かったことも、口にしてみるとすべてが浄化されていく感じ。
それぞれのバースストーリーにみんなが感動~。
生まれてきてくれた、我が子に、感謝の思いで満たされました。

そして、3回目のレッスン。

赤ちゃんたちは、ごろ~ん、ってして、泣く子はいません。
ママ達がこの2週間たくさんタッチしてくれているので、

「気持ちいいことが始まるんだ」ってわかっているのですね。

私も幸せな気持ちに。
心の根っこの太い子ども達になりますように・・・・
最後はランチを一緒にしながら、素敵な時間を過ごしました。
また、お会いできる日を楽しみにしています。

この企画をしてくれた公民館職員さんは、講座直前に切迫早産で早めの産休に入られました。
Nさん、こんな素敵なママとパパとベビーちゃんが集まってくれました。
この企画をしてくださったことに感謝です。
新しい命の誕生報告、お待ちしています。
ペアレンティングタッチ

ベビークリスマス会

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

夏に行った「ペアレンティング・タッチ講座」に参加してくれたママ&ベビーから、クリスマス会へのお誘いを頂きました。
こんなにうれしいことはありません

ママとベビーちゃんの成長を一緒に喜ぶことができるなんて、本当に幸せ。
s-SH380791.jpg
一人のママが言ってくれました
「私達がこうやって出会えたのは、Cooちゃん先生のお蔭です。
本当に感謝しています」

私自身、孤独な子育てに押しつぶされそうになり、
人とつながりたくて、社会とつながりなくて、
涙していたママ1年生の頃がありました。

だから、「人と人、人と地域をつなげること」
それは私の活動の源なのです。

そんな私にとって、何よりもうれしいママからの言葉でした。
そして、こんな素敵なクリスマスプレゼントもいただきました。
s-CIMG1619.jpg

職場復帰してしまうママ達もいらっしゃいますが、
1年に1回くらい、同窓会したいなぁ~なんて思った私です。


ペアレンティング・タッチ

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと、久保木裕子です。

夏休みもあっというまに終盤戦。
私もぼやぼやしていたら、夏の活動報告もせぬまま、秋になっちゃいそうです。
(子どもの夏休みの宿題みたい・・・)

先日、川越市の大東南公民館で企画してくださった3回連続講座
「ペアレンティング・タッチ講座」が終わりました。
ペアレンティング・・・親になるの進行形・・・
「ふれて、ふれて、親になる」
赤ちゃんとのコミュニケーションツールとして、
いわゆるベビーマッサージを学ぶ講座です。
s-CIMG1073.jpg


昨年の反省もあり、今年度はこじんまりと10組限定。
午前の部と午後の部との1日2回にし、
赤ちゃんとママ、
そして最終回はパパも交えて20組のファミリーと出逢うことができました。

s-CIMG1070.jpg


公民館職員さん曰く、
「申込初日から電話が鳴りやまなかった!」ほどの人気だったとか。
うれしい限りです。

午前と午後と同じように講座を進行しているつもりなのですが、
そこに集まった方々で創りだす、その場は、ちょっとづつ違います。

「ここに集まったのは、偶然ではなく、必然だな」と感じるのです。

毎回、涙、なみだ・・・
赤ちゃんにタッチングして、心と体がほぐれるのでしょうか、
ママ達の思いが、言葉となり、涙となり、
「わたしは、このままでいいんだ」
という気づきに変わっていくのです。

最終回、パパが参加すると、また全く違った場の雰囲気になります。
パパの回のお話しはまた後日・・・

本当に素敵な時間をすごさせていただきました。
s-CIMG1075.jpg

主催してくださった公民館のTさん。
参加してくださったママと赤ちゃん。
これからもずっとずっと、一緒に成長を見守らせてください。

s-CIMG1091.jpg





スキンシップパワーをNHKあさイチで報道

誕生学アドバイザーのCooちゃんこと 久保木裕子です。

NHKの朝の情報番組、あさイチ。
この春も継続されたのですね。

今日は「スキンシップパワー」についてでした。

誕生学協会の講師なら、産後教室講師はもちろん、誕生学アドバイザーであれば
スキンシップの大切さはよ~く知っていること。

「オキシトシン」は授乳時に分泌され、母性の目覚めや母子の絆を深める作用があることが知られています。
しかし、それだけではなく、血圧を下げたり、ストレスを軽減させたりする効果のあることが判明。

夫婦間でもぜひスキンシップを取りましょう。

・・とスキンシップの大切さを伝えていました。

また、産後のスキンシップは注意が必要!
母子の密着度が高くなっているので、夫とは逆にスキンシップが取りたくなくなったり、
そのまま努力しないで年月が経つとスキンシップレスになっていくのです、とも。

まさに、私の産後がそうでした。
結構ラブラブだったのに、「あっちに行って!」
夫の存在そのものが嫌だった時期がありました。

ゲスト出演の桜美林大学の山口創先生(大好きな先生です)も
「ラブラブは3年。その後は努力も必要です」と。
うん、うん、その通り。

誕生学の産後教室講師の講義では、そのあたりの夫婦の微妙な関係や
対応方法などについても学びます。

そして、私達が開催するペアレンティングタッチ教室(ベビーマッサージ教室)では
赤ちゃんとスキンシップを取る大切さを学ぶだけでなく、
夫婦から親になっていくペアレンティングについても
学ぶ機会を設けています。

今年は、定期的にやっていきたいな・・・。
ペアレンティング教室。

ペアレンティングタッチ教室の様子

ふれるって、親子間だけじゃなく、本当に大切ですよね。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報
最新コメント
QRコード
QR
検索フォーム